/

この記事は会員限定です

シャープ、高橋社長が脅える「先祖返り」

[有料会員限定]

2014年3月期に3期ぶりに最終黒字化し、中国液晶市場への食い込みなどで業績を回復軌道にのせつつあるシャープ。9月には1000億円の社債償還も終え、当面の経営リスクからは脱した。ところが、経営危機が一服したことで社内に緩みが目につくようになった。「おかしなシャープの文化をたたきつぶす」と改革の旗を振ってきた社長の高橋興三が「先祖返り」と表現するほどに。シャープに何が起こっているのか……。

社長からのレター

10月1日、高橋の署...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4493文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン