楽天の英語勉強法 TOEIC平均255点アップ

(1/4ページ)
2014/10/18 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

楽天の三木谷浩史社長が2010年初めに「社内公用語の英語化」を宣言してから4年。当時、大きな注目を集める一方、「日本人同士が英語でコミュニケーションを取ることに意味があるのか」といった声も上がり、物議を醸した。だが、同社はそうした懐疑的な見方をよそに、着実に英語化に取り組んできた。

■加速するグローバル展開への対応

この取り組みには、3つの狙いがあった。1つは「グローバル化の推進」。縮小が見込まれ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]