/

この記事は会員限定です

何でも売るドコモへ 目指すは「ジャパネット」か

ジャーナリスト 石川 温

[有料会員限定]

「少し先の未来を、皆さまの毎日に」――。9月30日に開催した冬春商戦向け発表会でNTTドコモが示した戦略は、最後を締めくくった加藤薫社長のこの言葉に集約されている。これまで主役だったスマートフォン(スマホ)では魅力を打ち出すのが難しくなる中で、「次」に向けて幅広くまいてきた種が少しずつ芽吹きつつある。ドコモが目指すのは6000万という全国民の半数となる契約者に「何でも売る」ことだ。

スマホは主役降板

今回の発表会で、ドコ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2637文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン