日本人遊撃手はメジャーで通用しない?

(1/3ページ)
2014/10/5 7:00
保存
共有
印刷
その他

ヤンキース、いやメジャーの顔ともいえるデレク・ジーター選手の"引退シーズン"が終わりました。本拠地のヤンキースタジアムはもちろん、ビジターとして遠征した先々で大声援を浴びる姿を見ながら考えたのは、日本選手にもいつか内野の花形といえる遊撃手として活躍する選手が出てこないかなあ、ということでした。

「引退興行」は一部選手だけの特権

シーズンの始めに引退を予告したジーター選手。今季は丸々、この偉大な選手を見送るシーズンとなりました。

ここでちょっぴり引っかかることが出てきます。日本でも引退を事前に宣言し、プレーを続ける選手が出てきましたが「辞める」と話すこと自体、心身とも「終わっている」状態ではないか、プレーし続けるのは変なのでは?と疑問に思われる方もおられるのではないでしょうか。

こうしたケースはやはりレアケースとみるべきでしょう。引退を宣言しながらプレーし続ける、つまり「引退興行」が許されるのはジーター選手や、昨季限りで引退したマリアーノ・リベラ選手(ヤンキース)ら、間違いなく歴史に名を残す選手だけに認められた特権といえるでしょう。

レッドソックスのデビッド・オルティス選手は「こんなことができるのは彼らだけだね」というようなことを言っていました。低迷していたレッドソックスが2004年に86年ぶりの"世界一"となったときからの主力であるオルティス選手も、十分「引退興行」の資格はありそうですが「僕はそんな柄じゃない」との思いもあったのかもしれません。

ともかく、こうした引退の仕方は「その他大勢」の選手に許されることでないのは再確認しておきましょう。

メジャーと異なる日本の守備「思想」

さて、遊撃手というポジションについてです。ジーター選手は身長190センチ。彼に限らず超大型選手が当たり前のように遊撃をこなしていること自体、日本人から見ると驚異なわけですが、彼らの動きをよく見るとわかってくるのです。遊撃というポジションを守るのに体のサイズはあまり関係ないし、逆にいわゆる「鉄砲肩」といわれるような圧倒的身体能力も必須の条件ではない、ということが……。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 次へ

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

大リーグコラム

電子版トップ



[PR]