2018年11月17日(土)

最速で来春、解散カレンダーの狭まる選択肢
編集委員 清水真人

(1/3ページ)
2014/9/30 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「地方創生国会」の旗を振り、アベノミクス底上げを探る首相の安倍晋三。消費税率の10%への引き上げを巡る経済情勢ヒアリングも11月に前倒しする。首脳外交も立て込むので、年内の衆院解散・総選挙は見送る。2016年の任期満了までのカレンダーを眺めると、選挙時期の選択肢は狭まりつつある。最速なら15年春にも決断を迫られる。

■早期の衆院選は民主党の悪夢

「私が安倍さんならこの秋に(衆院選を)やると思ってい…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報