/

この記事は会員限定です

6分の1の職人数で賄ったガンバ大阪・新スタジアム

[有料会員限定]
日経アーキテクチュア
職人不足を克服すべく、驚異的な省人化を実現した現場がある。竹中工務店が設計・施工を手掛ける「吹田市立スタジアム」だ。基礎のプレキャスト化(事前に成形したコンクリート部材を建設現場でつなぎ合わせる工法)に全面的に取り組んだ。ここには、日本の建築界を革新するヒントがある。

「現場の作業風景が一変した。標準的なエリアでは鉄筋工、型枠大工を98%削減している」。こう語るのは、竹中工務店大阪本店の中野達男総...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2310文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン