今年は初のダブル受賞 ゲーム大賞は妖怪とモンスター
TGS2014

2014/9/19 15:00
保存
共有
印刷
その他

日経トレンディネット

幕張メッセで開幕した「東京ゲームショウ 2014」初日の2014年9月18日、イベントステージにおいて「日本ゲーム大賞 2014」(主催:コンピュータエンターテインメント協会)の経済産業大臣賞と年間作品部門の発表と授与式が開催された。

同部門では、2013年4月1日から2014年3月31日までに国内でリリースされた約1000タイトルを対象に、一般ユーザーからの投票を実施。日本ゲーム大賞の選考委員による審査を経て、年間を代表するにふさわしい作品を選出する。

[左]司会進行は今年もタレントの伊集院光さんと前田美咲さん
[右]関芳弘経済産業大臣政務官から賞状を授与された日野氏

[左]司会進行は今年もタレントの伊集院光さんと前田美咲さん
[右]関芳弘経済産業大臣政務官から賞状を授与された日野氏

ゲーム産業の発展に寄与し、裾野を広げた作品に与えられる経済産業大臣賞は、社会的な一大ムーブメントとなった『妖怪ウォッチ』を生み出したレベルファイブの日野晃博氏が受賞。これまで手掛けた作品を通じてゲームのコンテンツとしての優位性とその可能性を示し、ゲーム産業の発展に大きく貢献したことが評価された。

[左]人気キャラクターのジバニャンも登場
[右]各賞を受賞した担当者のみなさん

[左]人気キャラクターのジバニャンも登場
[右]各賞を受賞した担当者のみなさん

また、優秀作として11タイトルが選ばれ、その中からカプコンの『モンスターハンター4』と『妖怪ウォッチ』が日本ゲーム大賞 2014をダブルで受賞。『モンスターハンター4』は幅広い層から支持された点が、『妖怪ウォッチ』は親子で楽しめるエンターテインメントの新しい形を示した点が高く評価されての受賞となった。

(ライター 堀井塚高、写真 菊池くらげ)

[日経トレンディネット 2014年9月19日付の記事を基に再構成]

保存
共有
印刷
その他

日経BPの関連記事

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]