/

この記事は会員限定です

スバル、成功の後に待つ「崖」

ナカニシ自動車産業リサーチ代表 中西孝樹

[有料会員限定]

「スバル」ブランドを展開する富士重工業(以下、スバル)の業績が絶好調です。売上高営業利益率は13.5%(2014年3月期)と世界の自動車メーカーを見渡してもトップ水準。主戦場の米国では主力車「レガシィ/アウトバック」などが好調なうえ、激戦の日本でも衝突安全技術で先行し、ブランド価値を高めることに成功しました。打つ手がことごとく当たっているといっても過言ではありませんが、成功しすぎた後には多くの難題...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り5829文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン