/

この記事は会員限定です

「小さな名車」を2週間で、富士重の3D制作

[有料会員限定]
日経デザイン
富士重工業(スバル)が公開した車のプロモーション動画が今春、世界中で注目を集めた。YouTube(ユーチューブ)での公開から1カ月足らずで400万回近く再生され、広告ランキングで月間4位に輝き、大きな宣伝効果を挙げたのだ。この動画には本物と見間違うくらい精緻に作られたラジコンカーが登場するが、実はラジコンカーの製作開始から動画の撮影、編集完了までにかかった期間はわずか2週間強。高品質な広告動画を驚くほど短期間で制作できたのは、3Dプリンターのおかげである。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1608文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン