現場の士気も向上 パルコの大胆なオムニチャネル (村山らむね)

(1/2ページ)
2014/9/19 7:00
保存
共有
印刷
その他

実店舗とネットを統合するオムニチャネルに小売り各社が取り組み始めた。大手でもリアルとネットの統合には手を焼いているが、試行錯誤を経て「現場のやる気」を引き出すことに成功したオムニチャネルの事例が、いくつか出てきた。

店員がスマホで自ら商品撮影し、ネット通販を担う(静岡パルコ)

店員がスマホで自ら商品撮影し、ネット通販を担う(静岡パルコ)

パルコが5月に始めたブログ型のEC(電子商取引)の「カエルパルコ」が、結果を出し始めている。現在は静岡パルコ(静岡市)や名古屋パルコ(名古屋市)内の5ショップで展開している。

ブログに掲載された商品を見て「これが欲しい」と思った利用者は、「WEB(ウェブ)注文」ボタンを押すと通販が可能だ。一方、「お取り置き」ボタンを押すと店側が商品を確保し、自分で店を訪れて目で確認してから買える。

実際に店で働くスタッフが書くブログは世の中に多いが、それらとカエルパルコが決定的に違う点が2つある。

1つは店員が簡単にブログに書き込める点だ。カエルブログは簡単にECサイトが作れる「ストアーズ・ドット・ジェーピー(ストアーズ・jp)」を利用。カエルブログ専用の拡張機能を使ってブログと商品情報や在庫情報を連携した。店員はスマートフォン(スマホ)から商品登録ページで「ブログに反映」ボタンで簡単に書き込める。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]