2018年9月22日(土)

グーグルがカリフォルニア州に82MWのメガソーラー

2014/9/17付
保存
共有
印刷
その他

日経BPクリーンテック研究所

 米国の太陽光パネルメーカーのSunEdisonは、米グーグルが建設する出力82MWのメガソーラー(大規模太陽光発電所)「Regulus」において、プロジェクト開発から施工までを一括で担当すると発表した。

 SunEdisonにとって、北米で手掛ける最大規模のメガソーラー・プロジェクトになるという。

 SunEdisonはプロジェクト開発、EPC(設計・調達・施工)サービス、ストラクチャードファイナンス(証券化などの仕組みを利用して資金調達を行う手法)などを担う。また、SunEdisonの関連会社の米TerraForm Powerが、O&M(運用・保守)を担当する。

 建設地は、米カリフォルニア州カーン郡の油田・ガス田の跡地で、面積は737エーカー(約298万平方メートル)。2014年下期に施工を開始し、SunEdison製の単結晶シリコン型太陽光パネルを24万8000枚以上設置する。

 稼働後は、20年間の電力購入契約に基づいて、カリフォルニア州の電力事業者であるSouthern California Edisonに売電する。年間発電量は、一般家庭1万世帯以上の消費電力を賄うのに十分な量を見込んでいる。

 グーグルは1億4500万米ドルの総投資額を、エクイティファイナンス(株式の発行を伴う資金調達)によって調達する契約を締結した。この資金調達に関して、米プルデンシャル・キャピタル・グループ、スペインSantander Bankと提携した。

 グーグルは、三大陸で17案件、合計出力2.5GWの再生可能エネルギーによる発電所を建設するため、合計15億米ドル以上を投じることを決定している。

(日経BPクリーンテック研究所 加藤伸一)

[メガソーラービジネス 2014年9月17日掲載]

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報