2018年8月20日(月)

1200万人が夢中 LINEニュースの創意工夫
ブロガー 藤代裕之

(1/3ページ)
2014/9/12 7:00
保存
共有
印刷
その他

 しのぎを削るニュースサービスの中で、LINEニュースの評価が高い。「本命」(ドワンゴ川上量生会長)、「一番使いやすい」(堀江貴文氏)との声が聞かれる。編集部が人力で話題のニュースを短くまとめて伝えたり、アプリを利用しない層にはメッセンジャーアプリLINEを通してニュースを配信したり、と独自路線を展開し、合計1200万人にリーチするニュースサービスに成長している。

■ニュースに「関心あり」は少数派

ニュースに関心を持ってもらうため、LINEのキャラクターも活用している。ニュースサービス担当の執行役員である島村武志氏(左)

ニュースに関心を持ってもらうため、LINEのキャラクターも活用している。ニュースサービス担当の執行役員である島村武志氏(左)

 社会的な出来事に関心を持っている人は少数派--。LINEニュースの開発は、一般のユーザーはニュースを読まないという前提でスタートした。難しく、堅苦しいイメージを払拭するために、開発段階ではLINEのキャラクターが話しながらニュースを紹介する、絵だけで表現する、というアイデアも議論された。

 2013年7月に開始したサービスは、同社がこれまで展開してきた、livedoor ニュースやNAVERまとめの経験をいかし、編集部がニュースの要点を「です・ます調」で60~70字でコンパクトに要約して伝えるものになった。写真も必ず付いている。

 「長い記事は、いきなり難しい本を見せられた感じになって読まないユーザーもいる。関心を持てば、もっと深く読みたいと思う。読むというよりは見たという感じに近くして、興味を持ってもらえるようにしている」と担当する島村武志執行役員は語る。

 継続的に話題になっているニュースを紹介するコーナー「続報中」は、第一報から最新の記事まで時系列に表示する。島村氏はニュースを連続ドラマに例えて、途中から理解する難しさを説明する。

 「記事は読者がある程度流れを知っている前提で書かれているが、毎日見ているとは限らない。初めて見た人が第5話までドラマが進んでいたら分からないので、そこを解決できるよう工夫した」

 ユーザーが閲覧したトピックスを認識し、関連記事が届くと続報としてプッシュ通知される機能もある。要約や続報中があることで、ユーザーは話題になっているニュースを簡単に把握することができる。トピックスの並べ方やタイトルはヤフートピックスを意識したものだったが、より分かりやすいサービスを求めて昨年11月にリニューアルした。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報