/

この記事は会員限定です

SMAP、ユニクロ、TDL…人気つくる「超世代」力

編集委員 中村直文

[有料会員限定]

旺盛な購買力が低下する少子高齢化時代。代々木ゼミナールや百貨店、居酒屋チェーンなどは変化を見誤り、新規需要を取り込めず、成長力を失った。厳しい市場環境で生き残る人気者の条件とは何か。SMAP、ユニクロ、ディズニーランドなど共通しているのは世代を超えてファンの心をつかんでいることにある。

関連記事
・8月15日 日経朝刊17面「オリエンタルランド――初の2万円乗せ」
・8月29日 日経MJ1面 代ゼミの「冬物語」
・9月3日 日経朝刊11面「ユニクロ販売1.9%増」

需要減、シニアが補う

9月7日、東京ドームで開催したSMAPのコンサートへ行くと、客層の幅広さに驚いた。まさに老若男女。もちろん若い女...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1212文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン