2018年10月18日(木)

自動運転車との並走で見た「人間と共存」の課題
宮本和明 米ベンチャークレフ

(1/4ページ)
2014/9/24 7:00
保存
共有
印刷
その他

ITpro

 米Google(グーグル)は、シリコンバレーにあるお膝元のマウンテンビュー市で、自動運転車の走行試験を集中的に展開している。最近は、自動運転車を頻繁に見かけるだけでなく、一緒に道路を走行する機会が増えた。並走してみると、自動運転車は安全であるが、風変わりな運転スタイルであることに気が付く。万が一事故を起こした際は、誰が責任を負うのか。そもそも、自動運転車を"運転"するには免許証がいるのか。激変が予想される、米カリフォルニア州のクルマ社会を考察する。

Googleは、2013年からマウンテンビュー市で自動運転車の走行試験を重ね、2014年夏までに市内全ての道路をカバーすると表明した。最近では自宅周辺で自動運転車の姿を見かけたり、自動運転車と並走する機会が増え、その特性も分かってきた。

(写真: 米VentureClef)

(写真: 米VentureClef)

左の写真はGoogle自動運転車(右側の車両)と並走している様子。ちなみに、メガネ型端末「Google Glass(グーグル・グラス)」を使うとウインクするだけでその様子を撮影でき、運転中ハンドルから手を離さないで安全に写真が撮れる。

右の写真は、前を走る自動運転車を撮影したものだ。しばらく後ろから見ていたが、滑らかな走行で、「機械が運転しているとは思えない」というのが第一印象だ。この先、車線を変え、信号機のある交差点で左折レーンに入っていく。一連の運転は自然だ。

(写真: 米VentureClef)

(写真: 米VentureClef)

上の写真左は、信号が青になり左折しているところ。前の車と適切な車間距離を取り、安全に走行した。慎重過ぎる運転ではなく、流れに沿った自然な運転である。屋根の上に「LIDAR」と呼ばれるレーザー・センサーが搭載され、円柱が高速で回転している。一目でGoogle自動運転車と分かる。

後部バンパーには会社ロゴと「self-driving car(自動運転車)」と表示されている。これは日本の若葉マーク (初心運転者標識) のように、後続車に注意を促す意味がある。

上の写真右は、信号が赤になりブレーキを踏んでスピードを落としているところ。ここでも運転は滑らかで、安全に減速し停止した。急停止でもなく、慎重すぎる運転でもなく、流れに沿った自然な運転だ。

■でも、ちょっとタイミングが合わない

しかし、異変を感じたのは、スタートの場面。信号が青になりスタートしようとしたが、自動運転車は一呼吸おいて発進した。交差する自動車が、ぎりぎりのタイミングで通過することもあり得るため、自動運転車は安全を期してプログラムされている。追突事故を起こす状況ではなかったが、ちょっと気になる運転スタイルだった。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

日経BPの関連記事

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報