塩野義製薬がビッグデータ活用の新薬開発プロジェクト

2014/9/4付
保存
共有
印刷
その他

ITpro

塩野義製薬は2014年9月3日、ビッグデータやオープンデータを活用した新薬開発プロジェクトを2014年10月から始めることを明らかにした。米食品医薬品局(FDA)が公開するオープンデータや自社が持つ臨床試験(治験)データを活用して、新たな効果や効能を持つ医薬品の開発を目指す。

このプロジェクトには、技術支援としてSAS Institute Japanが参加する。プロジェクトの期間は半年間。

塩野義製薬は今回のプロジェクトで、ビッグデータの分析基盤としてSAS Institute Japanが提供する「SAS In-Memory Statistics for Hadoop」を活用する。この製品は、OSS(オープンソースソフトウエア)の分散データ処理ソフト「Hadoop(ハドゥープ)」上で、SAS製の統計解析ソフトを動かし、メモリー上でデータ分析処理する製品。インメモリー技術で大量のデータを高速処理できるという。

塩野義製薬とSAS Institute Japanは、新薬開発に取り組むだけでなく、このプロジェクトを通じて医薬品開発業務におけるビッグデータとオープンデータ活用に向けた課題の抽出、アクションプランの立案なども行っていく予定だとしている。

(日経コンピュータ 鈴木慶太)

[ITpro 2014年9月3日掲載]

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]