1000人受講、大阪ガス「ビッグデータ研修」を追体験

(1/4ページ)
2014/9/4 7:00
保存
共有
印刷
その他
日経情報ストラテジー
 ビッグデータ分析に力を入れる多くの企業が関心を寄せる社内研修がある。大阪ガスの「データ分析講習」だ。一般社員を対象としており、これまでに開催された約40回の研修には、グループ社員を含む、のべ1000人以上が参加。2日間にわたってデータリテラシーを磨く。研修では特にデータ分析を実行する「前後」の工程に注目。分析の「設計図」を描き、利用するデータを事前にチェックする大切さを学ぶ。本記事では、研修で使われた240枚のスライドから厳選した8枚を紹介し、研修を追体験できるようにした。

写真1 大阪ガス「データ分析講習」でのグループワークの様子。概念図を描いてみる

写真1 大阪ガス「データ分析講習」でのグループワークの様子。概念図を描いてみる

大阪ガスの「データ分析講習」の目的は大きく2つある。1つは、データから誤った判断を下さないようにすること。もう1つは、他人が実行したデータ分析の結果を鵜呑みにしないようにすることだ。

データ分析は経営の意思決定に重要な役割を果たすが、一方で用いるデータや分析の条件、手法が少し変わるだけで結果が大きく変わる。意思決定を誤るリスクが付きまとうというわけだ。そこで大阪ガスは、社員全員が"正しい"データ分析を理解しておく必要があると考え、データリテラシー研修に費用と時間をかける。

何人ものデータサイエンティスト(データ分析官)を抱える大阪ガスは、データ分析の歴史が長く、勘所をつかんでいる。彼ら彼女らの経験を体系化し、一般社員もデータ分析を仕事に生かせるように社内教育に取り組んでいるというわけだ。

■データ分析の「作法」を身に付けてもらう

この研修は、よくあるエクセル教育などとは根本的に違う。表計算ソフトの使い方といった学習カリキュラムは別に設けており、この研修では力点を置かない。そうではなく、先述の2つの目的に沿って、実際にデータ分析の「実行前に踏むべきステップ」と「実行後の注意点」を理解してもらい、確実に遂行できる習慣を社員に身に付けてもらう(図1)。

図1 データリテラシーを高めるための「データ分析演習」の概要。分析実行の前後を知る

図1 データリテラシーを高めるための「データ分析演習」の概要。分析実行の前後を知る

というのも、データ分析は各自各様で、絶対的な正解が存在しない。実行した人によって、やり方も結果も違ってくる。そうした特性を踏まえ、大阪ガスではデータ分析の結果ではなく「プロセス」に注目した。研修を推進する、情報通信部企画管理チームの河村真一副課長は「データ分析はプロセスでしか正しさを評価できない。だから社員にも正しいプロセスを学んでもらう」と話す。河村副課長は大阪ガスのデータ分析集団である「ビジネスアナリシスセンター」を兼務しており、データ分析のプロセスの大切さを熟知している。その知見をこの研修にふんだんに盛り込んだ。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

日経BPの関連記事

電子版トップ



[PR]