「ジュエリーマキ」の三貴、三たび破綻の真相
帝国データバンク・篠塚悟

(1/3ページ)
2014/9/3 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

宝飾店小売りの三貴(東京・台東)が7月30日、東京地裁に民事再生法の適用を申請した。バブル景気の時、「じゅわいよ・くちゅーるマキ」「ジュエリーマキ」の大規模な多店舗展開で一世を風靡したが、その後の宝飾品市場の縮小で業績が悪化し、2002年に旧会社を特別清算。新会社も09年に民事再生法の適用を申請している。つまり今回が実質的に3度目の経営破綻。なぜ再建できなかったのか。そして今後、再建できるのか。

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

企業信用調査マンの目

電子版トップ



[PR]