外壁に潜むトラブル タイル落下リスクで膨らむ法的責任

(1/3ページ)
2014/9/11 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他
 耐久性と美観に優れた人気が高い仕上げ材でありながら、落下リスクという大きな弱点を抱えるタイル張り。タイルの設計や施工上の瑕疵(かし)は、法律的にも経済的にも長期にわたって多大なリスクを生む。たとえタイルはく落による人身事故が発生しなくても、その危険性を放置するだけで設計者や施工者が民法上の不法行為責任を問われる可能性がある。

強風で外壁タイルがはく落する。そんなショッキングな事故が2013年4月…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経BPの関連記事

電子版トップ



[PR]