選択肢多すぎても… 確定拠出年金、めげない心得
投資教育アドバイザー 大江英樹

(1/2ページ)
2014/9/2 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

企業年金の一つである「確定拠出年金」は、加入者である従業員が自分の年金資産を自ら運用する制度です。証券マンだった私は確定拠出年金が始まった2001年当初からこの業務に携わっていたのですが、運用の仕方を見ていると面白いパターンがありました。用意された金融商品の数が多いか少ないかによって、加入者の選び方に明らかな違いが出てくるのです。

確定拠出年金の商品は、企業が運営管理機関と呼ばれる金融機関や専門…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]