孫社長の新たな挑戦 「ロボット価格破壊」の意味
Pepperのいる生活(上)

(1/4ページ)
2014/9/8 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他
 ソフトバンクの孫正義社長が繰り出した最新のサプライズ。それは、19万8000円という破格の値段で登場したパーソナルロボット「Pepper(ペッパー)」だ。そのインパクトは、「これならロボットがあちこちに置かれるかもしれない」という印象を抱かせ、我々の日常生活との距離感を縮めた点にある。今後、Pepperのようなロボットは、デジタルの世界と物理的な世界をつなぐ役割を果たすだろう。人と機械の新しい関…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経BPの関連記事

電子版トップ



[PR]