/

この記事は会員限定です

ゼンショー社長激白 「労働問題、解決できず悔しい」

[有料会員限定]
日経ビジネス
アルバイトの退職が相次ぎ、閉店や営業時間の短縮を余儀なくされたゼンショーホールディングス(HD)。第三者委員会の調査で過重労働の実態が明らかになる中、小川賢太郎社長が「日経ビジネス」の単独取材に応じた。「(委員会が指摘した)労働問題は認識していたが、自分で解決できず悔しい」と胸中を語った。

――2014年3月以降、傘下の牛丼チェーン「すき家」でアルバイトが大量離反し、一部で閉店などを余儀なくされた。原因をどう分析しているのか。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2429文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン