/

「緩まない」ねじ革命 2000年の歴史、VBが変える

総勢10人の小さなベンチャー企業が2000年の歴史を持つねじに革命を起こそうとしている。らせん構造を持つ従来のねじは時間の経過とともに緩むリスクがあるが、特殊な構造を持つ「緩まないねじ」を開発した。大幅増資を実施し、量産に備える。ねじの革命児を訪ねた。

緩まないねじを開発したNejiLawの道脇裕社長

学校に行かず発明続ける

「学歴なし」「就職歴なし」。こんな経歴を申請書類に記入しながら、経済産業省や東京都の開発資金を受け取っている男がいる。緩まないねじの開発を手掛ける「NejiLaw(ねじろう)」(東京・江東)の社長、道脇裕氏(37)だ。

道脇氏は10歳ごろに「僕は今の教育システムに疑問を感じるので、自分の足で歩むことに決めました」と一方的に小学校に"休学宣言"した。以来、漁師、とび職など様々な仕事を経験しながら、常に自分の頭で考えて行動を決めてきた。

携帯電話が広まる前から、無線機を使って双方向で同時通話できるシステムを作るなど、学校にいかなくても発明を続けた。米国に渡って学んだこともある。緩まないねじは道脇氏のひらめきとこだわりから生まれた。きっかけのひとつは19歳のころ、ねじが原因で自分の運転する車のタイヤが外れたことだった。

ねじの締める力を強くするには、ボルトとナットなど互いのらせん構造を精密に作り込み摩擦力を強くすることが研究者やねじ業界の常識だ。それは今も変わらない。

従来も「緩まない」を標榜するねじはある。だが、道脇氏は既存の商品は締め付ける摩擦力に頼る「緩みにくい」ねじだったとみていた。そこで、らせん構造そのものにメスを入れ、摩擦に依存しない「緩まない」ねじを実現しようとした。

NejiLawの主力品である「L/Rネジ」のボルトには、右回りで締めるナットと左回りのナット、両方に対応した山が作り込まれている。2つのナットは同じ動きはしない。互いがぶつかると、相手をロックすることで緩みを封じる。

道脇氏はねじの山の形を変えることで、用途に応じた緩まないねじを次々と発案した。だが道のりは平たんではない。

IHI、橋梁での利用見込む

「こんな難しい構造は作れない」。製造を委託しようにも金属加工メーカーからは断られた。そこで自ら製造工具や光学的な品質検査手法を開発し、商品化に道をつけた。「L/Rネジ」のサンプル価格は長さ10センチに満たないボルトとナット2つのセットで10万円前後。通常のねじと同じように材料やサイズは自由に変えることができる。

L/Rネジの開発途上だった4年ほど前、米航空宇宙規格(NAS)に準拠した試験をすると、合格ラインの17分間まったく緩まなかった。それどころか、3時間ほどたつと試験装置のねじが壊れた。緩まぬねじの評判はたちまち広まった。

量産すれば、通常のねじと同水準の価格で市場に供給できる。道脇氏には国や企業の関係者が協力を惜しまなくなった。

NejiLawの概要
設立2009年7月
本社東京・江東
資本金2億円
資本準備金1億6997万円
主要株式道脇裕氏、産業革新機構、三菱UFJキャピタル
事業内容ねじをはじめ接合技術の開発、製品販売、ライセンシング
売上高1億円弱(2014年6月期)
3億円
(2015年6月期見込み)

NejiLawは精密ねじ用金型の製造技術を持つ工具メーカーのOSGと、緩まないねじの量産に向けた共同開発を進めている。新たにIHIと「L/Rネジ」の量産へ共同研究に乗り出す。

IHIはまず橋梁での利用を見込んでいる。航空関連や宇宙開発への広がりも期待しているもようだ。道脇氏は量産を軌道に乗せるまでに2年の期間を想定している。

産業革新機構が出資

先月、NejiLawは量産への資金として、産業革新機構から7億円を上限とする出資の受け入れを決めた。三菱UFJキャピタルが運用するファンドからも資金を得た。現在、量産用の拠点を探している。

ねじの歴史はらせん構造の歴史
紀元前
3世紀
アルキメデスの揚水ポンプ
らせん状の構造を使って水を上から下へ
紀元前~ギリシャなどでねじプレス
オリーブの実をつぶすためなどに活用
15世紀レオナルド・ダ・ヴィンチのスケッチ
ねじ加工の原理が描かれる
1543年種子島に伝わった火縄銃にねじ構造
銃の底をふさぐために使われていた
18世紀英バーミンガムに木ねじ工場
ねじ工場は欧州、米国へと広がる
19世紀
後半
日本でねじ製造の会社が次々と誕生
輸入したプレスや旋盤などで成型・加工

道脇氏が資金受け入れを決めた背景には、全国の橋梁の現状がある。老朽化が進み、架け替えや補修が必要となっている。緩まないねじを使うことができればメンテナンスの手間が減り、溶接作業を減らして建設コストの削減にもつながる。福井県鯖江地域の企業と進めるメガネへの利用も近く実現する見通しだ。

ねじの歴史は紀元前3世紀の数学者、アルキメデスの揚水ポンプの構造にまで遡ることができる。日本では16世紀に種子島に伝わった火縄銃にねじが使われていた。古くからあるが、単純ならせん構造は変わってない。緩まないねじが量産されると金属などを締結する手法として、安全と耐久性が必要な分野に市場が広がるとみられる。

産業革新機構からNejiLawの社外取締役に就いた鑓水英樹氏(45)は「ねじの革命。何年もお願いをして、ようやく出資を受け入れてもらえた」という。ねじの構造や製造、検査プロセスに特許を持つ道脇氏の開発力に期待は大きい。

日本ねじ工業協会の推計によると、2013年のねじ国内生産額は前年比横ばいの8371億円だった。道脇社長は「専門技術が必要な溶接などから、ねじによる締結へ切り替えが可能になり、2000億円の新規需要が生まれる」とみる。

「道の脇は道より広く無限の大地が広がっている」。道脇氏は自らの名前にあてて、新しいことに取り組む意義を言い表す。自ら道を切り開くひとりの発明家が動き出したことで、今まで目立たなかったねじにスポットライトが当たった。

(企業報道部 武田仁)

[日経産業新聞2014年8月27日付]

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン