/

「東北食べる通信」、生産者と消費者つなぐ

ブロガー 藤代裕之

NPO法人東北開墾(岩手県花巻市)は東北の農水産物を冊子と共に会員に届ける「東北食べる通信」を発行する。高橋博之代表理事は、「都市と地方をかき交ぜることで、行き詰まった日本にフロンティアを創りたい」と語る。地縁や血縁ではなく、ソーシャルメディアでゆるやかに思いを持った人々がつながる地方と都市の新しい関係を模索する。

生産者と消費者をつなぐ

シュウリ貝の生産者

7月上旬、岩手県山田町で「山田海賊祭り」が行われた。東北食べる通信の6月号で届けるシュウリ貝の出荷を、読者や大学生ら40人がボランティアで手伝うイベントだ。600人分のシュウリ貝を箱詰めした後は、バーベキューで交流した。宿泊費や交通費は自己負担、夜行バスで駆けつける参加者もいた。

2013年7月に創刊した東北食べる通信は、読者になると月に1度東北の農水産物と冊子が届く。会費は月1980円で、約1300人の読者がいる。冊子には生産者のインタビュー、レシピなどが16ページにわたりカラーで紹介される。さらに、生産者と運営も参加したクローズドなフェイスブックグループに招待される。

届いた食材をどう料理するレシピが掲載されている

「海賊祭りの始まりはじまりー」「予定より早く終わりました」。イベントの模様がグループに投稿され、交流が進んでいく。出荷したシュウリ貝が到着すると、グループには、パエリア、パスタ、白ワイン蒸し、つくだ煮、と料理した写真が次々と投稿される。保管方法に関する疑問が投稿されると、漁師が「1度ボイルしてから、冷まして冷蔵庫に保管してください」とアドバイスする。

高橋氏も「予想以上」と驚くフェイスブックを通じた生産者と読者の交流。1カ月に約1300の投稿が行われる。読者は、ソーシャルメディア上だけでなく、海賊祭りのように出荷を手伝ったり、生産者に会いに行ったりするようになる。食べる通信の運営側でも、生産者を東京に招いたイベントを行うなど、リアルな交流を後押しする。高橋氏は「生産者の物語が主役。食の宅配ではなくて、コミュニティーサービスだと言った方が正確」と説明する。

東北食べる通信を運営する東北開墾のフェイスブックページ

フェイスブックに投稿した料理や生産者との交流が口コミを生み、新たな読者につながっていく。読者は、友人が参加できるイベントに興味を持った人を誘い、リアルな交流の面白さを伝えることもできる。誰もが参加できるフェイスブックページは、冊子の取材やイベントの模様が紹介され、活動状況が分かる参照元だ。読者獲得にもソーシャルとリアルが組み合わされている。

消費者が生産者に変わる

事業規模が大きくない生産者は、負担が大きい現場の見学を嫌がることが多い。食べる通信の読者を受け入れる理由は、冊子を見て生産者の思いや苦労を理解しているからだという。

実は、生産者も消費者と離れてしまい顔が見えない関係になっている。スーパーや生産者の写真を消費者に紹介するケースはあるが、生産者は誰が、どう食べているかを知ることはほとんどない。「生産者は孤独だった。消費者の顔が見えると生きがいを取り戻す」と高橋氏。生産者と消費者がつながることで新たな価値を生むことに気付いたきっかけは東日本大震災だった。

東北食べる通信の読者は1年で1300人に増えた

高橋氏は、2006年から岩手県議を2期務め、11年には知事選に出馬して落選し、NPOを設立したという異色の経歴を持つ。県議時代には1次産業の衰退を知り、U・Iターンを推進していた。震災で岩手にやってきた大勢のボランティアには有名企業の名刺を持つ人が多くいた。

「いい会社にいるのだから物質的には満足しているはずが、どこか満たされていない人たちが、被災地で自分のスキルを使って、目の前の人に喜んでもらうと元気になる。生きるスイッチがオンになっていった」

被災地の人も都市の人に影響を与えられることが分かったことも収穫だった。東京と地方のどちらが優れているか、どちらを選ぶのかという議論ではなく、お互いがフラットな立場になれば価値が生まれる。そのためには人生をかけるU・Iターンは重すぎた。ソーシャルメディアがあれば、週末だけや月に1度だけ地方に行く人や2都市居住でも、つながりをつくることができる。

「30年もしたらUターンすらなくなるかもしれない。地縁血縁が弱まっていくのを埋めるのは価値で結びついたコミュニティーしかない」。高橋氏自身も、月の半分東京で友達の家やシェアハウスを拠点に活動し、全国の仲間と交流する。

規模を追わない

「東北食べる通信」を発行するNPO法人東北開墾の高橋博之代表理事

東北食べる通信は3人で運営している。スキルを生かして編集を手伝うプロボノやインターン学生の力を借りているが、毎月16ページを製作するのはギリギリ。にもかかわらず、会員は最大で1500人で打ち止めにする方針だ。むやみに規模を拡大すると顔が見える関係が維持できないからだ。

「当初は1万人、10万人を目指したいと思っていたが、規模を維持しようとすると結局消費になってしまう」と打ち明ける。生産者を厳選することも重要だ。「ただもうけたいという人はダメ。コミュニティーを創っていきたいという人、地域をなんとかするために都市のエネルギーが必要と思っている人でなければ難しい」。生産者がフェイスブックをやっていない場合は編集部が投稿するが、反応が一時的なものになってしまい、読者の記憶にも残りにくいことも分かってきた。生産者や地域も開かれていなければならないのだ。

生産者の様子を取材する高橋氏

会費の値上げや規模拡大ではなく、グループに投稿する人、現地に行ってくれる人、編集を手伝ってくれる人、など参加してくれる読者をさらに増やそうと知恵を絞る。高橋氏の目には、何もせず批判する人はコミュニティーの資源を減少させていると映る。「観客席から降りてステージに立ってほしい。このままでは観客席からの空き缶で、ステージに立つ人が疲弊する。消費者が生産者を酷使するから偽装問題が起き、最後には良質な食が失われる」

高橋氏の活動に刺激され、宮城県東松島市と四国で食べる通信が始まった。それ以外にも東北では福島県会津若松市や青森県八戸市、鹿児島市、新潟市などで発行の動きがある。全国に広げていこうと、一般社団法人日本食べる通信リーグを立ち上げており、商標の管理、加盟地域の審査を行う予定だ。また、クラウドファンディングに挑戦し500万円を調達した。資金は各地の食べる通信を支えるウェブシステムの開発に使う。「東松島に続いて、会津など東北の市町村でも食べる通信が発行されるようになったら、東北食べる通信は必要ないので消滅する」という言葉に誰もがステージに立つ時代の実現を目指す強い決意がにじんでいた。

◇     ◇

<「ソーシャルメディアの歩き方」9月8日電子書籍連動でイベント開催>

本文に登場した高橋博之さんもゲストにお迎えするイベントを開催いたします。8月1日に掲載した回に登場された奥田浩美さん(シリコンバレーに負けない 日本の田舎は「宝の山」)もお迎えし、本連載著者の藤代裕之氏がホストを務めます。

イベントタイトルは「消滅地域への処方箋~ソーシャルメディアがつくる新しいイノベーションの形」。連載には盛り込みきれなかった内容も含め、議論していきます。

参加申し込みはこちらから

藤代裕之(ふじしろ・ひろゆき)
ジャーナリスト・ブロガー。1973年徳島県生まれ、立教大学21世紀社会デザイン研究科修了。徳島新聞記者などを経て、ネット企業で新サービス立ち上げや研究開発支援を行う。法政大学社会学部准教授。2004年からブログ「ガ島通信」(http://gatonews.hatenablog.com/)を執筆、日本のアルファブロガーの一人として知られる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン