グリーンBiz

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

電気・水素…次世代自動車、インフラ共倒れの不安
編集委員 後藤康浩

(1/2ページ)
2014/8/26 7:00
共有
保存
印刷
その他

 様々な技術シーズを探し、実用化に向けた研究開発を続け、その中で最も優れたものに絞り込んでいく。イノベーション国家として不可欠なプロセスだ。だが個別企業ならともかく、社会全体が複数の技術を並行して試そうとすれば壮大なムダが生じ、社会も企業もグローバル競争力を失う。その一つ。燃料電池車が再浮上した日本の自動車市場はサンプル展示場と化すリスクがある。

■普及のカギは水素ステーション

2002年12月に首相官邸で開かれた燃料電池車の納車式。当時の小泉純一郎首相が試乗した
画像の拡大

2002年12月に首相官邸で開かれた燃料電池車の納車式。当時の小泉純一郎首相が試乗した

 トヨタ自動車が2014年度中に燃料電池車(FCV)を発売すると発表した。ハイブリッド車(HV)が世界で急激に拡大し、電気自動車(EV)も日本こそ停滞気味だが世界では着実に広がるなかで、新しい燃料を使う自動車の提案にはやや意外感もある。

 記憶をたどれば、世界初のFCV市販車は小泉純一郎首相時代の官邸にリースされた。02年12月のことだった。その後、イベント会場でみかけることはあっても実用化に向けた動きのなかったFCVが再び姿を現したことにはやや驚きがある。

 再浮上の最大の要因は車体価格が市販車水準に近づいてきたことだろう。官邸に引き渡された第1号は「1台1億円」といわれたが、今回トヨタが発売するものは700万円程度といわれる。これにエコカー補助金を使えば、興味を持つユーザーが出てくる可能性があるというわけだ。

 車体価格としてはメーカーの努力を感じるが、FCVの普及は車体価格よりも水素ステーションの方がカギを握っている。政府の「水素・燃料電池戦略ロードマップ」によると15年度に100カ所、20年に1000カ所の水素ステーションを設置し、FCVの普及を後押しするという。

 だが街中をみれば日本には様々な自動車用燃料インフラがすでに存在している。ガソリンスタンドは最盛期の半分近くまで減ったものの全国に3万4700カ所。タクシー向けを中心とする液化石油ガス(LPG)スタンドは1700カ所、さらに路線バスやゴミ収集車などで増えている液化天然ガス(LNG)車や圧縮天然ガス(CNG)車向けの天然ガススタンドが261カ所ある。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

関連キーワードで検索

FCVPHV日産自動車三菱自動車

【PR】

グリーンBiz 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

そごう・西武はアラスカ産シーフードを使ったライブキッチンを開いた(東京都豊島区の西武池袋本店)

セブン&アイ、持続可能な漁業を売り場でアピール [有料会員限定]

 セブン&アイ・ホールディングス(HD)が生態系に配慮して生産された食料資源の調達に力を入れている。そのひとつが米アラスカ州で厳格な管理のもと水揚げされた水産物ブランド「アラスカシーフード」だ。コンビ…続き (9/19)

炭素繊維などで作られた帆で風を受け、燃料消費量の削減につなげる

商船三井、風を味方に省エネ航海 現代版の帆船も [有料会員限定]

 商船三井が運航船の形状を工夫して空気抵抗を減らし、二酸化炭素(CO2)排出を削減する取り組みを進めている。風防装置を取り付けたコンテナ船で約2%のCO2削減効果を確認。さらに研究を発展させ、抵抗の原…続き (9/12)

東京都港区のJR田町駅周辺は2020年に向けて再開発が段階的に進む(イメージ)

東ガス、田町を最新鋭の地域エネルギー供給拠点に [有料会員限定]

 東京ガスが東京都港区の再開発地域で効率的なエネルギー供給事業に乗り出す。ガスコージェネレーション(熱電併給)設備を備えた拠点を2カ所設置し、周辺のオフィスビルや病院、ホテルなどの需給変動に柔軟に対応…続き (9/5)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

TechIn ピックアップ

09月23日(土)

  • 日産と三菱が「EV祭り」フランクフルトショー欠席の理由
  • ゲームの真髄は「身体性」―Niantic川島氏×スクウェア・エニックス三宅氏【対談】
  • 次に狙うのはFinTech、出遅れたNTTドコモは巻き返せるか

日経産業新聞 ピックアップ2017年9月22日付

2017年9月22日付

・レシート、スマホで9割超読み取り、ISP
・薬副作用、iPSで予測 武田、早期に安全性見極め
・花火・海外挙式、VRで体感 近ツー、遠隔地に同時中継
・農作業の負担軽く、電動台車が自動追尾 中西金属工業
・抗がん剤を使いやすく、シンバイオ 米社技術導入…続き

[PR]

関連媒体サイト