/

NBAチーム買収のバルマー氏 MS取締役も退任

ITpro

米Microsoft(マイクロソフト)は現地時間2014年8月19日、スティーブ・バルマー前最高経営責任者(CEO)が同社の取締役を退任したことを明らかにした。

バルマー氏は、現CEOのサトヤ・ナデラ氏に宛てた同日付の書簡で、現在のMicrosoftのアプローチや取り組みを信頼していること、同氏が買収したNBA(全米プロバスケットボール協会)チーム「Los Angeles Clippers」の経営などさまざまな責務を抱えていることなどから、「取締役を引き続き務めるのは現実的ではないと考えた」と説明。「秋はNBAシーズンが始まるなど多忙になるため、即時退任する」と告げた。

ナデラ氏はこれを受け、「CEO移行期と、34年間のMicrosoftへの支援に感謝する」と返事を送っている。

バルマー氏は1980年にMicrosoftに入社し、2000年1月にビル・ゲイツ氏の後を継いでCEOに就任。2014年2月にナデラ氏にその職を譲った。なお、米ウォール・ストリート・ジャーナルの報道によると、バルマー氏は8月12日に、Los Angeles Clippersの買収手続きを完了している。

[ITpro 2014年8月20日掲載]

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン