日本が揺れた夏 2つのニクソン・ショック(3)
ジャーナリスト 岡部直明

(1/2ページ)
2014/8/26 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2つのニクソン・ショックで最も衝撃を受けたのは日本だろう。米中接近という頭越し外交は日本の対中姿勢に全面転換を迫り、円切り上げ、変動相場制移行につながる金ドル交換停止は1ドル=360円の固定レートに安住してきた日本に試練を与えた。しかし、2つのショックとも戦後世界の潮流変化を読めれば、察知できたはずである。1971年の夏は、戦後初めて日本の外交と通貨戦略が相次いでつまずいた暑い夏であった。

■屈辱

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]