「50年、100年に一度」の再開発 渋谷大改造の全貌

(1/4ページ)
2014/8/29 7:00
保存
共有
印刷
その他
ケンプラッツ
 「50年や100年に一度」といわれる規模で進む東京・渋谷駅周辺の再開発。シンボルとなる最も高い「渋谷駅街区東棟」の工事がいよいよ本格化する。2014年7月31日に起工式が開かれた。東急東横線の地上線路跡地で進む再開発も含め、渋谷大改造の全貌を詳報する。

渋谷駅街区東棟は地下7階、地上46階建てで高さは228.3m。2012年4月に開業した「渋谷ヒカリエ」の高さ182.5mよりも45mほど上回る。

東棟は商業施設やオフィスが入る超高層複合ビルとなる。図は、北側から見た東棟の完成予想図。左端は2012年4月に開業した「渋谷ヒカリエ」(資料:東急電鉄)

東棟は商業施設やオフィスが入る超高層複合ビルとなる。図は、北側から見た東棟の完成予想図。左端は2012年4月に開業した「渋谷ヒカリエ」(資料:東急電鉄)

[左]現在の渋谷駅東口を北側から見る。左端は「渋谷ヒカリエ」(写真:ケンプラッツ)
[右]東棟の完成予想図を重ねる。東棟はヒカリエよりも45mほど高くなる(資料:東急電鉄の資料を基にケンプラッツが作成)

[左]現在の渋谷駅東口を北側から見る。左端は「渋谷ヒカリエ」(写真:ケンプラッツ)
[右]東棟の完成予想図を重ねる。東棟はヒカリエよりも45mほど高くなる(資料:東急電鉄の資料を基にケンプラッツが作成)

東棟の14階までの低層部は延べ面積3万m2(平方メートル)の大規模商業施設、15階にコンテンツ産業などの情報交換を促す「交流施設」を挟み、16階から上の高層部はオフィスが入居する。オフィスの賃貸面積は計7万m2で、渋谷駅周辺では最大規模になる。

【360度パノラマ写真の操作方法】
◆上記をクリックすると、360度パノラマ写真を表示します。パノラマ写真は4シーン(ハチ公口、東口、西口、宮益坂口)あります。左上のメニューから選んでください(撮影は2012年5月4~6日に実施。写真・制作:蔭山 一広)。
◆360度パノラマ写真の下部に操作ボタンがあります。見る方向を変えられるほか、ズームインやズームアウトなどができます。
・マウスで操作する場合:
 左ボタンでドラッグして、見る方向を変えられます。
 ホイールボタンを使って、ズームインとズームアウトができます。
・キーボードで操作する場合:
 矢印キーを使って、見る方向を変えられます。
Shiftキーでズームイン、Ctrlキーでズームアウトができます。
・iPhoneやiPadのジャイロスコープにも対応。端末を回すと、パノラマ写真も追随して回ります。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]