インサイド/アウトサイド

フォローする

好調ソフトバンク支える柳田 強打者の素質開花

(1/2ページ)
2014/8/19 7:00
保存
共有
印刷
その他

自慢の強力打線がパ・リーグ断トツのチーム打率2割8分7厘と看板通りの実力を発揮し、首位をひた走るソフトバンク。リーグの3割打者7人のうち5人を占める豪華な布陣にあって、見逃せないのが5番打者、柳田悠岐の成長だ。今年のオールスター戦でも本塁打を放ったプロ4年目の25歳はここまで、打率3割2分2厘(リーグ2位)、60打点(同3位タイ)をマーク。強打者としての素質を開花させている。(記録は17日現在)

球宴で一発含む4安打、名を全国区に

本塁打は13本(リーグ8位タイ)ながら、身長188センチの左打者が鋭いスイングで繰り出す打球の飛距離は群を抜く。高い放物線を描きポンポンとスタンドに届く試合前のフリー打撃には、相手チームの主軸打者からも感嘆の声が上がるほど。

6月28日の西武戦で右中間に放った特大の一発は、スタンドを覆う西武ドームの屋根の下をすり抜ける珍しい"場外弾"に。7月19日のオールスター第2戦(甲子園)では、六回に外角低めの直球を鋭いライナーでバックスクリーン左へ運ぶなど4安打の固め打ち。球宴初出場にしてMVPを獲得、ど派手な活躍でその名を全国区にした。

重心を左の軸足に残したまま、大リーガーのようにアッパーカット気味にフルスイングする豪快さと、体に巻き付いたバットがまるでムチのようにしなる柔らかさを兼ね備えた打撃は、逆方向の左翼へも強くて大きな打球を飛ばせるのが特徴だ。7月29日の13号の後、17試合も一発から遠ざかっているが、本人は「本塁打にはこだわっていない。とにかく球を思いっきりたたくことを考えている」と話す。

投球に少しばかり差し込まれても、球足の速いゴロは簡単に内野手の間を抜けて安打になる。ヒットの延長線上にホームランがあるとの考えが、現在の高打率につながっているともいえる。

消えつつあるボール球に手を出す悪癖

好調のもう一つの要因は、ボール球に手を出しては凡退していた悪癖が影を潜めつつあることだ。「ヤマは張らない。真っすぐを待ちながら、すべての球種に対応するようにしている」といい、低めの変化球の見極めができるかどうかが生命線。「打席で構えるときに背筋を真っすぐ伸ばすように」などと投球に対する目の付け方に工夫を凝らし、弱点を改善しようとしている。

リーグワースト4位の99三振を喫しているものの、藤井康雄打撃コーチは「追い込まれたカウントから逆方向にはじき返せているし、柔軟に対応できている。以前とは考え方が変わった」と成長の跡を認めている。

  • 1
  • 2
  • 次へ

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

プロ野球コラム

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップスポーツトップ

インサイド/アウトサイド 一覧

フォローする
中日との練習試合で2点三塁打を放つ近本=共同共同

 プロ野球阪神の近本光司(25)は新人だった昨季、36盗塁で盗塁王に輝き、シーズン159安打を放ってセ・リーグの新人最多安打記録を61年ぶりに更新した。塗り替えたのが長嶋茂雄(巨人)の記録とあって、熱 …続き (3/10)

ベテラン増井はストッパー返り咲きへ意欲を示す=共同共同

 30代半ばで成績が落ちたプロ野球選手には、あとは下り坂を進むだけ、という冷めた視線が注がれがち。そこから全盛時の輝きと評価を取り戻すのは容易ではない。その難路を敢然と歩もうとする一人に、長年ストッパ …続き (2/25)

村上(右)に打撃指導する阿部2軍監督=共同共同

 昨季限りで現役引退したプロ野球巨人の阿部慎之助2軍監督(40)が、指導者として初めて臨む宮崎キャンプで、はつらつとした姿を見せている。現場の士気を高めようと、若手の打撃投手を買って出たり、ノッカー役 …続き (2/11)

ハイライト・スポーツ

[PR]