ロックハイマー・グーグル副社長「機器間連携、利用者にメリット」

2014/8/19 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

世界に衝撃を与えた2007年の「iPhone(アイフォーン)」登場から遅れること1年。米グーグルの基本ソフト(OS)を搭載したスマートフォン(スマホ)は当初、「貧者のiPhone」と揶揄(やゆ)された。だが、端末メーカーにOSを無償で提供し、メーカー同士の競争や創意工夫を促す戦略が奏功し、利用者は急速に拡大。スマホ市場の世界シェアは、いまや8割を超える。余勢を駆って腕時計や家電、自動車などに「ア…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

連載企画「革新力」

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]