/

この記事は会員限定です

昭和レトロ、クイズで挑戦 令和に続く元気印のルーツは

(更新) [有料会員限定]
<訂正>9月18日午前5時に公開した「昭和レトロ、クイズで挑戦 令和に続く元気印のルーツは」の記事中、4位で「初の国産軽自動車がスバル360」とあるのは誤りでした。国産軽自動車は当時、スズキの「スズライト」(昭和30年発売)などがありました。

若者世代などで昭和レトロがちょっとしたブームとなっている。令和のいまも現役で、発展を遂げてきた商品やサービスは数多い。昭和クイズに千人が回答。正答率が低い順にランキングした。

1位 昭和時代に登場した雑誌は

 25.7%
(1)婦人画報 (2)an・an (3)ゼクシィ

インターネットがまだなかった昭和40~50年代、若者文化の発信源は雑誌だった。

日本万国博覧会(大阪万博)が開かれた昭和45年。マガジンハウスの女性誌「an・an」...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4536文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経が独自に調査し、文字通り「何でも」ランキングにします。専門家の知見やアンケートを駆使し、家電からお土産やお菓子、観光地、漫画まで身近なものごとを番付けします。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン