/

この記事は会員限定です

ソニー、「空白の20年」に向き合う人々

~ソニー・スピリット取り戻せるか(上)

[有料会員限定]
 ソニーがもがいている。売上高の過半を占めるエレクトロニクス事業の赤字から抜け出せず、1994年発売のプレイステーション(PS)以降は大型の新規事業も生まれていない。ソニーは「空白の20年」を乗り越え、ソニー・スピリットを取り戻せるか。新規事業創出に向けた取り組みを上下2回で報告する。

新規事業応募200件以上

6月中旬。ソニー本社の会議室で開かれた新規事業オーディションの説明会は多くの技術者たちであふれかえった。当初、説...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3920文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン