/

この記事は会員限定です

永田町アンプラグド 「女性6人」なるか 米国も促す内閣改造

[有料会員限定]

「安倍内閣には女性閣僚が2人しかおらず、しかもポストは主要閣僚ではない」。米議会調査局が8月初めに発表したこんなリポートが永田町で話題を呼んでいる。タイトルは「日本のウーマノミクス」。日本女性の社会進出の状況を紹介し、米議会の政策決定や議論に役立てるのが目的だという。首相、安倍晋三が女性活用策を「アベノミクス」の柱の一つに位置づけていることに強い関心や期待を示す一方、日本の政界の現状には「ほぼ男性...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1082文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン