廃油を洗う「第二のくまモン」
編集委員 金田信一郎

(1/4ページ)
2014/8/19 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他
 家庭から捨てられるてんぷら油を回収して、クルマの燃料にする──。熊本市の女性経営者の10年に及ぶ執念が、「世界一」と言われる高品質の廃油燃料を生み出した。そして、熊本でこのエネルギーの利用が広まり、知事をして「第二のくまモン」と言わしめる。

「絶対に壊れるから、やめてください」。自動車ディーラーは、そう悲鳴を上げた。

使用済みのてんぷら油を精製して、新車に入れる──。

「そんなことをするなら、定…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]