/

この記事は会員限定です

20兆円市場争奪 リアル店舗の逆襲でEC大乱戦

[有料会員限定]
日経ビジネス
日本のeコマース(EC=電子商取引)は楽天・アマゾンが寡占している──。そう思う人もいるだろう。だが、現実は違う。「BtoC(企業対消費者)」「CtoC(消費者対消費者)」合わせると、国内EC市場は既に16兆円規模になったようだ。うち、楽天・アマゾンによる流通総額は3兆円弱。13兆円は2強以外が生んだ。そして、わずか2年で市場は4兆円も膨らむ。今、この巨大市場を巡り、新旧、大小が入り乱れた争奪戦が始まっている。2015年、20兆円市場を巡る大乱戦。そのカギを握るのは「リアル店舗」。オフラインからオンラインへ。リアルとネットの境界は確実に溶けていく。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4458文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン