2018年8月17日(金)

マツダ、最高益更新でも「薄氷の上」
ナカニシ自動車産業リサーチ代表 中西孝樹

(1/4ページ)
2014/8/11 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 マツダの業績が好調です。2014年3月期は過去最高益を更新し4年ぶりに復配。低燃費のディーゼルエンジン小型車「デミオ」を発表するなど存在感あるクルマで注目されています。米フォード・モーターがマツダ株の大半を売却した2010年以降、「スカイアクティブ」と呼ぶエンジンやプラットホーム(車台)の刷新と、効率生産を追求した生産技術「モノ造り革新」の両輪により、自主独力で回復軌道にのせてきました。しかし、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日本車前へ エコカーの覇権握れ

クルマ解体新書

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報