財テクに溺れた「金融通」社長  検証・エドウインの迷走(上)
帝国データバンク・藤森徹

(1/3ページ)
2014/8/6 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本では中小だけでなく中堅企業でも同族経営を標榜するところが多い。ジーンズの国内トップメーカー、エドウイン(東京・荒川)もその一社で、中興の祖といわれた実質的2代目社長の常見修二から息子へ経営のバトンが渡るはずだった。しかし、この事業承継の夢は、2012年8月の不正経理の表面化であえなく頓挫。私的整理手続きの一つである事業再生ADR(裁判外の紛争解決手続き)の末、今年7月、スポンサーの伊藤忠商事…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]