/

この記事は会員限定です

アジアTrend ミャンマー携帯市場、先行外資2社に挑むKDDI

ヤンゴン支局 松井基一

[有料会員限定]

KDDIがミャンマーの携帯電話市場に参入する。ミャンマー郵電公社(MPT)や住友商事と提携し年内にもサービスを開始する方針だ。東南アジア諸国の中では大規模といえる約6千万人の人口がありながら、携帯の普及率が1割強にとどまる未開拓の市場を狙う。KDDI陣営よりもわずかに早くミャンマーでの携帯サービスを始める強力な競合社が、中東の産油国カタール政府系の外資企業ウーレドゥーだ。同社は1月、外資として初...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1845文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン