/

この記事は会員限定です

トヨタ・友山常務役員「農業をカイゼンする」

大転換の予兆(2)

[有料会員限定]

トヨタ自動車が農業支援に乗り出している。自動車と農業では一見関連性がなさそうだが、友山茂樹常務役員は「農業と工業はものづくりという点では同じもの。日本の優れたものづくりの基礎には日本の農業文化がある」と指摘。「ものづくりで培ったノウハウを農業に提供して農業の活性化に協力する」と述べた。「トヨタ生産方式」のカイゼン手法を取り込んだ農業IT(情報技術)ツール「豊作計画」の開発を4月に発表。導入した農業生産法人...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2491文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン