被曝被害以外にも注目せよ 避難生活者救済の盲点 環境省の専門家会議座長に聞く
編集委員 滝順一

(1/3ページ)
2014/8/4 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東京電力・福島第1原子力発電所事故に伴う健康被害に関し、国連科学委員会(UNSCEAR)は放射線による健康影響はほとんどなく、むしろ避難に伴い健康への深刻な悪影響が生じていると指摘する報告書を公表した。旧ソ連のチェルノブイリ原発事故後の住民被曝(ひばく)の状況などに詳しい長滝重信・長崎大学名誉教授に、報告書のもつ意味合いなどを聞いた。長滝氏は事故被災者の健康管理の支援策を議論する環境省の専門家会…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]