/

この記事は会員限定です

サイバー・DeNA…「博士号」データ分析官の実像

[有料会員限定]
日経情報ストラテジー
物理学や農学、化学、医学などの専門分野を究めて博士号を取得した人材が、企業のビッグデータ分析部門などで活躍している。データ分析官としての業務に役立つのは必ずしも専門領域の知識ではなく、「数学の基礎を理解し、論理的に応用していく力があれば、分析で成果を出せる」(素粒子物理学の博士号を持つサイバーエージェントの岡川宏之氏)。旺盛な探求心や、研究生活で培った自己マネジメント力も武器となる。サイバーエージェントやディー・エヌ・エー(DeNA)、楽天、ブレインパッドなどで活躍する「博士号データサイエンティスト」の実像に迫った。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り5624文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン