2018年8月15日(水)

「トラック野郎」大変身 自動運転で事務や営業

(1/2ページ)
2014/8/3 7:00
保存
共有
印刷
その他

 商用車で世界トップの独ダイムラーは、2025年までに高速道路での自動運転トラックの実用化を目指す。長時間運転から解放される運転手は、車載端末を活用し、オフィスのホワイトカラーのような事務作業にあたることができる。“トラック野郎”の仕事が様変わりしそうだ。

運転席が回転し、受発注などができる「職場」に様変わり(独東部マクデブルク郊外)

運転席が回転し、受発注などができる「職場」に様変わり(独東部マクデブルク郊外)

 「これからドライバーはトランスポートマネジャーになります」。3日、独東部マクデブルク郊外で開いた会見で、ダイムラーのヴォルフガング・ベルンハルト取締役は「貨物輸送の新時代の幕開け」と宣言。ダイムラーが“運送革命”を主導する姿勢を示した。

 ダイムラーは、延伸工事中の高速道路「アウトバーン」を貸し切り、自動運転トラックのイベントを開いた。同社の強みはメルセデス・ベンツの乗用車の自動運転技術を応用できる点にある。

 すでに「Sクラス」でドイツの公道100万キロを走破し、昨年9月にはディーター・ツェッチェ社長が「20年までに実用化」と表明済みだ。ドイツと並行し、米シリコンバレーにも戦略拠点を置き、日本勢や米グーグルなどとの水面下の開発競争を繰り広げる。

■商用車効率よく

 乗用車の自動運転との違いはどこにあるのか。「トラックは走る楽しみより経済性が重要」と語るベルンハルト氏は「効率、安全、コネクティビティー」の3つの要素を追求していくという。

自動運転トラックとダイムラーのベルンハルト取締役(右から2人目)ら幹部(独東部マクデブルク郊外)

自動運転トラックとダイムラーのベルンハルト取締役(右から2人目)ら幹部(独東部マクデブルク郊外)

 車両にはセンサーを車両前方など500メートルの範囲まで届くWi―Fiを車両間、インフラ間用にそれぞれ設置。車両前方には100メートル先、45度まで対応するステレオカメラ、さらに最大250メートルまで感知するレーダーなどを設置した。高速道路を最高時速85キロメートルで車線を感知しながら走り、障害物やパトカーの接近を知ると自動的によける。先に下り坂があるとわかれば余計な加速を避け、燃費は5%改善できるという。こうした経済効果は「走行距離が長い商用車のユーザーの方が敏感だ」(ダイムラー)。

 自動運転が実現すれば、トラック運転手の働き方も大きく変わる。ダイムラーの自動運転トラックの運転席は右に45度回転。広いスペースでタブレット型の車載画面をなぞりながら、インターネットを介して発注先や納入先との情報交換をする。自動運転中は事務作業に専念し、営業活動も可能だ。サービスエリアの駐車やレストランでの食事の予約もできる。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報