人の動きや音に呼応し自律飛行 国産小型ロボの実力

(1/2ページ)
2014/8/7 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

人の動きや自分の位置を認知しながら自律飛行する小型飛行ロボットが国内から登場した。開発したのは、東京大学大学院で航空宇宙工学を専攻する2人の研究者によるグループPhenoxLabだ。

「Phenox」(フェノクス)と呼ぶ飛行ロボットは、4個のローターを持つ、いわゆる「クアッドコプター」である(図1)。モーターの軸間距離が対角120mmで重さが60gと、手のひらに乗せられるほどの小型化・軽量化を実…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経BPの関連記事

電子版トップ



[PR]