/

カラーコードに色めく企業 精度はQRコードの50倍

色の配列で情報を表現する「カラーコード」がオフィスや製造現場で注目を集めている。QRコード(2次元バーコード)に比べて約50倍の距離から認識が可能で、入退室管理や点検作業などへの活用が見込まれる。日立システムズやユニシステム(東京・豊島)がサービスの実用化を目指している。スマートフォン(スマホ)のカメラでも利用できるため、次世代型のバーコードとして身近な場所でも普及する可能性がある。

「赤」「青」「黄」の配列で情報を表示、接写不要

眼鏡型ウエアラブル端末でカラーコードを読み取るユニシステムの塚原真輔氏

「このスマホのカメラにコードをかざしてください」――。7月上旬、日立システムズとユニシステムは東京都内で開いた財務、人事の統合管理システムのセミナーで、受け付けにカラーコードを使用した。事前に参加を申し込んだ来場者にメールでカラーコード付きの入場券を配布。入場券を受け付けにあるスマホのカメラにかざすと、名前が画面に表示される仕組みだ。QRコードと違い接写する必要はなく、撮影中のカメラに気軽にコードをかざすだけですぐに認識する。

カラーコードは赤、青、黄など色の配列で情報を表示する仕組み。それぞれの点が"色"という情報を持っているため、それを組み合わせたコードは、白黒のバーコードやQRコードに比べより多くの情報を盛り込める。QRコードは複雑な図形を読み取るために、カメラ画面の約80%の大きさで写っている必要があるが、カラーコードなら画面の約2%で認識できるのも特徴だ。

色の違いが分かればいいため、曲面に貼り付けるなどコードが多少ゆがんでいても読み取ることができる。それぞれの色の点は形状を比較的自由に決められるため、絵や文字が入った従来なかったようなデザイン性の高いバーコードも可能だ。

シフト(東京・新宿)が2005年に開発した「カメレオンコード」のほか、カラーコードラボラトリーズ(東京・千代田)の「スマートアイコン」、ビーコア(東京・千代田)の「カラービット」などがあるが、いずれも業界標準は確立していない。

出始めのころは、コードを読み取るためのハードウエアの処理速度が課題だった。しかし、スマホやタブレット(多機能携帯端末)が急速に普及。端末自体の処理速度や搭載するカメラの機能が向上してきたことで、製造現場や保守点検作業で実用化のめどが立ってきた。

ユニシステムは遠距離からも認識できるカラーコードの特徴を生かし、眼鏡型のウエアラブル端末と組み合わせた工場などの保守作業の支援システムの開発を目指している。点検する設備の配線やスイッチの近くにカラーコードを貼付。眼鏡型端末のカメラでカラーコードを読み取り、点検手順をディスプレーに表示する。

作業者はマニュアルを持ち歩かなくて済み、高所や不安定な場所の保守作業でも両手が自由になる。QRコードのように読み取り機器を近づける必要もない。ユニシステムでカラーコード関連システムを開発する塚原真輔氏は「防水シールを貼ったり、水に強い素材に印刷したりすることで、ICチップに比べ劣悪な環境でも対応できる」と利点を強調する。

作業着に印刷、入館証代わりに

カラーコードは多様な図形に対応する。

日立システムズは食品工場の入退室管理への活用を検討する。曲面上でも利用できる特徴を生かし、従業員の作業着にコードを印刷。工場の入り口にカメラを設置して入退出を管理する。

ICカードなどの入館証が不要で、手を使わずに工場に入れるため衛生面でも有利だ。カラーコードと同時にカメラで入退出した人の顔を撮影すれば、異物混入などの問題が起きた際に不審人物を特定しやすくなる。日立システムズの鈴木諒太氏は「備品にカラーコードを貼り付けて監視カメラで撮影し、撮影の範囲内から外れると警報を鳴らすといった運用もできる」と幅広い活用を期待している。

レジャー分野でもカラーコードの活用が広がる。日本ユニシスは7月中旬、ソフトバンクグループが「ザ・プリンスパークタワー東京」(東京・港)で開いたイベントで、スタンプラリー用にカラーコードを認識できるスマホ用アプリを提供した。会場内にカラーコードを貼り付け、アプリで読み取ってスタンプを集める。人ごみの中でも離れた場所からコードを読み取れる。

カラーコードには現在地の情報も登録。会場の地図と連動させ、屋内で全地球測位システム(GPS)の位置情報が届かない場所でも、参加者が道に迷わないようにガイドした。

カラーコードは任意の図形を選べるため、設置する場所に溶け込みやすいデザインにできる。QRコードと同様に印刷で製作できるため、ICチップより安価に導入できる利点もある。

カラーコードの読み取りは端末の色を識別する性能に依存するため、人によって異なる端末を使用する一般での利用にはまだ課題もある。ただ、QRコードが一気に広がったように、システムを確立すれば応用範囲は幅広い。

(川上宗馬)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン