雪国まいたけ「創業家の乱」 信越キノコ戦争の果てに

(1/3ページ)
2014/7/31 7:10
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

上場企業の株主総会ではめったに見られない「珍事」だった。キノコ生産大手、雪国まいたけが6月末に開いた株主総会で会社側の取締役人事案が修正動議によって覆され、取締役の大半が入れ替わる事態となったのだ。主導したのは大株主であり創業家の大平(おおだいら)一族。「創業家の乱」の背景を探った。

■「乗っ取られた」株主総会

「(創業者の)大平喜信氏が議長になったのを見て、めちゃくちゃだと思った。(株主総会の)…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]