100年後に遺す歌(永田和宏)

2014/7/27付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

一年あまり前に『近代秀歌』(岩波新書)という新書を出した。

近代の歌人三一名をとりあげ、その代表歌(と、私が思うもの)一〇〇首について、鑑賞を附(ふ)したものである。斎藤茂吉の十一首を筆頭に、与謝野晶子、石川啄木九首、若山牧水八首などと続く。

この本では、私は珍しく読者へのかなり強いメッセージを意識していた。帯には「日本人ならこれだけは知っておきたい 近代の歌一〇〇首」と刷られているが、ここに第…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]