/

この記事は会員限定です

メヒカリや銀鮭、ウニ…震災復興を海の幸で実感

[有料会員限定]

東日本大震災の被害が大きかった東北3県(岩手・宮城・福島)は海の幸の宝庫だ。復興とともに、魚介類のうまみをとじ込めた缶詰や瓶詰も多彩に進化した。手軽におしゃれな食卓を演出できる水産物の加工食品を、専門家に選んでもらった。

今週の専門家


▽浅尾貴子(女子栄養大学 専任講師)▽今泉マユ子(管理栄養士)▽黒川勇人(缶詰博士)▽黒瀬佐紀子(缶づめ料理研究家)▽佐藤正光(ALMA シェフ)▽島本孝枝(東北物産館 店長)▽清水崇充(L'EAU シェフ)▽田代和久(ラ・ブランシュ シェフ)▽鳥山祐加子(料理通信社)▽野口英世(フードスタイリスト)▽吉田慎治(「食楽」副編集長)=敬称略、五十音順

1位 燻製めひかりのオリーブオイル漬け

(福島県) 66...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3958文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

東日本大震災10年

インフラ整備や産業・文化の復興、原発、防災、そして地域に生きる人々の10年とこれからをテーマにした記事をお届けします。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン