/

この記事は会員限定です

工業用水道 民間活用や広域化、迫られる経営改革

[有料会員限定]

需要減による料金収入の低迷、設備老朽化による更新費用の増大などで全国の工業用水道の経営が悪化し、運営する自治体は事業継続に向けて改革を迫られている。こうした中、民間ノウハウの活用や運営の統合・共同化といった抜本的な経営改革に乗り出す事業者も出てきた。先進事例を追うとともに、工業用水道事業の現状と将来のあるべき方向性を探った。(日経グローカル406号に詳報)

熊本県、初のコンセッション方式

熊本県は有...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3090文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン