/

この記事は会員限定です

「休眠預金」で地域課題を解決 民間公益活動を促進

[有料会員限定]

金融機関に長い間放置されている「休眠預金」を活用し、地域の課題解決や活性化につなげる動きが本格化している。人口減少や高齢化が加速する中、「貧困」や「孤立」など既存の施策や公的制度では克服が困難な課題が増加。休眠預金をそうした課題の解決に取り組むNPO法人などの「民間公益活動」に充てる制度が2019年度にスタートした。地域の課題解決能力の向上と国連のSDGs(持続可能な開発目標)の達成への貢献を目指...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3058文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン