/

この記事は会員限定です

地方の酒の生き残り策、輸出・家飲み・テロワールが鍵

[有料会員限定]

地酒に地ビール、地ワイン、地ウイスキー、焼酎――。地方の酒がクラフト(職人、手作り)ブームもあって人気だ。だが、人口減少や若者の酒離れで需要は低迷。新型コロナウイルスの感染拡大が追い打ちをかけ、先行きは不透明感を増している。地方の酒類メーカーは生き残るためにどうしたらいいのか。自治体はどう後押しすべきなのか。国の動きや先進事例などから今後の対策を探った。(日経グローカル404号に詳報)

国税庁によ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2617文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン