/

気分アゲる「ええもん着ましょう」伊藤忠育ち塩川社長

ジョイックスコーポレーション社長 塩川弘晃氏(上)

ポール・スミスを粋に着こなすジョイックスコーポレーション社長、塩川弘晃さん。ポップな靴下でもポールらしさを表現。ポール・スミスさんのポートレート(下左から2番目)と並んで(東京・千代田の本社で)

伊藤忠商事で繊維一筋。2020年4月、グループのアパレル会社ジョイックスコーポレーションの社長に就任した塩川弘晃さんは、格安スーツから高級服まで着倒して、ファッション商売の醍醐味を知り尽くす。もっともブランドの何たるかについては入社後、月日と経験を重ねながらじっくりと理解を深めてきた。「ええもん」の神髄を知れば、それを身につける喜びは一層大きくなる。コロナ禍で装いへの関心が希薄になりがちなビジネスマンに「おしゃれする機会をつくることが大切」という言葉の裏には、そんな神髄に1人でも多くの人に触れてほしい、という切実な思いもある。(この記事の〈下〉は「『スーツ派、欧州はもう銀行だけ』伊藤忠育ち塩川社長」




服を買いたくなる局面、必ずくる

――直近までのべ10年にわたり欧州に駐在されていました。英国から帰国したのは英国が最初のロックダウンに入る2020年3月直前です。現地ではコロナのファッションへの影響、消費者の変化をどう感じていましたか。

「帰国直前の1~2週間で店が閉まり出し、あらゆる予定が狂って大変でした。欧州はもうファッションどころじゃない感じでした。これまでの金融危機や自然災害と違って先が見えません。治療薬が出てきても絶対かどうかは分からない。本来ファッションは未来や夢を思い起こさせるもの。今回ばかりは、それが難しい」

――ファッションショーは中止やバーチャル配信に替わりました。

「しかもコロナによってブランドの資金力の差があぶり出されました。ショーを中止するところがあれば、ビッグメゾンはふんだんにお金をかけて、リアルの無観客ショーとデジタルの両方をやる。ここにきて、ブランド間の差がものすごくつきましたよね」

――消費者はファッションを不要不急と感じ、服を買うことをためらっているようにも見えます。

「でも、反動は必ずきます。コロナがある程度落ち着いたら一気にモノを買い出す局面が間違いなくやってきます。それまでは辛抱、辛抱です」

コロナ禍のさなかに英国から帰国。「いまは辛抱。服を買いたい欲求は必ずやってきます」

――在宅ワークで服装に気を使わなくなりました。リセットされた装いは元に戻るでしょうか。

「そこなんです。いったん、在宅で仕事ができるよね、と考えてしまった人が、その後、どれだけオフィスに出ようという気になるか。そうなるとほとんど家だけにいて、出かけて行く場所がなくなり、服装には気を使わなくなる。そこで私はいま、オケージョン(機会)を創り出していくことが大事、と社員に強く言っています。コトからモノ消費が生まれるように、装うことの目的や意義を見いだしていかないといけない」

――仕事で対面しないので、スーツを着なくなったとの声も聞きます。打つ手はありますか。

「特に若い世代は、誰かがスーツを着る機会をつくらない限り、緩いほうへ、緩いほうへ、といってしまいます。うちの会社だって社員はほとんどスーツを着ていません。ですが、月曜日は違います。月曜はドレスアップの日と決めていて、うちで扱うランバンやポール・スミスのスーツを着て、スーツがないブランドの社員も相応にドレスアップして仕事をする。私もネクタイを締め、きちんとした格好です。この試みはドレスアップマンデーといって、01年に紳士服メーカーが集まって始めたキャンペーンで、うちではずっと継続しているんです」

「服をつくるところでも服を買う場合でも、人と人とが直接会わないと伝えられないことがたくさんあると思います。デジタルだけでは難しいですよね」

「時々ネクタイ」で身が引き締まる

――社内でスーツを着る機会をあえて作っているのですね。どんな雰囲気になりますか。

「面白いですよ。ポール・スミスの店頭経験者は普通じゃない、個性的なスーツをまとって出社してきますし。やはり、たまにそうして、ええもんを着たら、カッコいいと気付く。私は、スーツは男に一番似合う、男の戦闘服だと思っています。普段はカジュアルでノータイでも、時々ネクタイをきゅっと締めると身が引き締まる」

「メガバンクでもカジュアルスタイルが解禁となって、1日内勤だったらカジュアルでもいいか、というのはアリでしょう。でも、外に出てお客さまのところにいくときは、気分も変えてぴしっとする。仕事の装いにメリハリがある、ということはすごくいいんじゃないかなと思います」

――きょう着ているのはポール・スミスのセットアップ。遊び心のあるポール・スミスは大人が着てこそのブランドだと感じます。

「これはジャージー素材で、おなかが出てくるとこういう伸びる素材が着やすい(笑い)。色はグリーン系。上着のフラワーホールのエンジ色を拾って、相性が良いボルドーや茶系でチーフやタイ、靴をまとめました。基本、色はたくさん使いたくないという考えです」

ジャケットの裏地、ボタンホールの糸などにアクセントとなる色を使うのがポール・スミスならでは。白シャツはロンドンの旗艦店の入り口に着想した、しゃれた柄入りだ

「今の分野を担当するようになって、仕事では自分の扱っているブランドを買って着るように、と教え込まれました。自分で着ることで良い点や悪い点がわかるし、それを消費者の視点でフィードバックできるからです」

――商社時代も服装に気を使う方でしたか。

「兄と弟は大の服好き、しかもポール・スミス好きなのですが、私は伊藤忠に入社するまでまったくおしゃれに興味がなかったのです。入社後、繊維配属となりましたが最初の10年は原料を担当し、スーツはいわば制服。それも安い方がいいやろうと、格安スーツに1万円しない靴で通しました。その後ブランド担当になりまして」

スーツはサイズが命 誰でも数倍スマートに

――ランバンやポール・スミスなどラグジュアリーブランドを担当するようになって目覚めたのですね。

「30代で最初に出合ったブランドがランバン。もう高くて、びっくり。値引きしていただいても、ボーナスが全部飛んでいく。でもパリに行き、お客さまやデザイナーと触れあい、次第にファッションの世界に深く入り込んでいくと、高級ブランドのどこが違うのかが分かってくる。そして、そうした服を着るのはどんなお客さまなのか、どう着こなしているのかを観察しました。究極的に私らの商売は、お客さまにどうやったら似合うものをおすすめできるかなんです。似合えばだれかにほめられる。ほめられるとうれしくなってまた買う。服に愛着がわく。これや、と納得したんです」

――ご自身の服装へのこだわりは、年齢とともにどう変わりましたか。

「中堅で頑張っている30代は人と違うものが着たい、とポール・スミスにどっぷりはまっていました。40代は反対にシンプルなものを着たくなり無地のスーツ、無地のシャツ、ソリッドなネクタイを愛用していました。いまは、社長として恥ずかしくない身だしなみを意識しています」

「フィット感のあるサイズのスーツを着たら、どんな人だってカッコよくなるんです」

――伊藤忠では繊維畑出身の岡藤正広会長CEO(最高経営責任者)もウェルドレッサーです。

「岡藤さんの前と後では明らかに役員の服装が変わり、ぐっとおしゃれになりました。岡藤会長を見ていてとにかく感じるのが、ものすごく姿勢がいいということです。だから上着のラインがさーっと流れて、スーツが映える。服を美しく着るにはああでないといけません。そういう目線で公開された写真をいつも、じーっと見ているのですが、常にきれいに立っている。テレビでもいいなと思うのは、スーツをきちんと、きれいに着ている人です」

――目立つのはお笑いの人。スーツスタイルをおしゃれに着こなす人が増えていますよね。

「声を大にして言いたい。スーツは体形をカバーしてくれるんです。きちんとフィットしたサイズのものを着れば、どんな方でも間違いなく数倍スマートにみえるんですよ。世の中のビジネスマンの多くは、本当にサイズ感の合わないスーツを着ているんです。売る側も体のラインに沿ったもの、もしくは、沿うようにお直しをアドバイスしてあげることが大切です」

――フィットしたスーツをびしっと着ている中高年はすてきに見えますよね。

「そう。若い頃は安いものをぐるぐる着回すのもいい。でも中高年には年相応の良質な素材を感じていただきたい。ええもんを着ると愛着がわく、大事にする。大事にすることはサステナビリティー(持続可能性)につながる。ここがファッションで重要なことなんです」

(聞き手はMen's Fashion編集長 松本和佳)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン